シャープ冷蔵庫 SJGF50X レビュー 

スポンサードリンク

シャープ冷蔵庫 SJGF50X実際に使ってみました 良かった点

シャープ冷蔵庫 SJGF50Xを購入して1ヶ月経過しました。ここまでの時点で良い点、悪い点をまとめてみました。

 

良かった点

 

かっこいい

 

我が家では選ぶポイントとして結構重要なポイントでした。改めて設置してみてやっぱり「かっこいい!」とかんじています。外見はもちろんですが、中も光の当たり方がキレイでとってもいいです。もうこれだけでかなり満足しています。

 

収納しやすい

 

こちらでも書きましたが、中央の棚が奥にスライド式になっているので、収納するものによってスライドして高さを調節するので大きい鍋などを入れるときも棚を1回外すなどしなくてよいので収納がとてもしやすいです。

 

野菜が長持ち

 

これはそんな気がするといった程度ですが、野菜が今までよりみずみずしく長持ちしている気がします。カタログにも書いてあったので多分冷蔵庫の機能として本当にあるものだと思います。

 

 

製氷機の自動洗浄機能や、キラっとモードでも氷はまだ作っていないのでわかりません。今後使用することがあったらレビューしたいと思います。

 

 

シャープ冷蔵庫 SJGF50X実際に使ってみました 悪かった点

悪かった点

 

悪かったというよりもここが気になる、といったところをまとめてみました。

 

冷蔵庫のサイドのマグネットの付きが悪い

 

冷蔵庫のサイドにラップやアルミ、キッチンペーパーが一式のものをマグネットでつけているのですが、以前のものに比べマグネットの付きが悪いです。軽い紙などは全く問題ないですが、ラップが新しいもので重いとずり落ちることもあります。

 

 

やっぱり野菜室はいちばん下は取り出しにく

 

これは10年くらい前の冷蔵庫からの切り替えなのでしょうがないのですが、冷凍庫よりも野菜室のほうがたくさん使うのでいちばん下は取り出しにくいなぁ。でも今はほとんどのメーカーが野菜室はいちばん下なのでしょうがないんですけどね。東芝は2段目だった気がしますが。

 

などでしょうか。基本気に入っているので特に不満はないのですが、強いて挙げるならこんなところです。参考にしていただければ幸いです。