シャープ冷蔵庫 SJGF50X 量販店に購入しにいく

スポンサードリンク

シャープ冷蔵庫 SJGF50X購入までの流れ 量販店に購入しにいく

量販店に購入しにいく

 

価格コムなどでの購入は保証の面で心配なことも多いので(特に高額商品は)私は大手量販店をおすすめします。
どの量販店を選ぶかはいろいろ基準があると思いますが、すぐ近くに対抗する量販店が2,3店舗あるほうがいいでしょう。
まだまだデフレのこの時代、量販店もできるだけ販売したいので価格の交渉がスムーズに運びます。

 

まずは軽く値段を聞く

 

そこでまずは購入予定の3製品の価格を聞きます。できれば2製品まで絞った方が価格の交渉はしやすいです。あくまで経験上ですが。3製品あると話がグダグダになることが多いです。まずは2,3軽く製品の特徴を聞いてから価格をさらっと聞きます。そうすると表示価格から下がった金額の提示があると思います。

 

本当の価格を確認する

 

そこでちょっと残念そうにしながらその値段では購入はできないなぁ、本当は今日購入したいんだけどなぁと言ったニュアンスで交渉してみます。

 

その際にネットで調べた直近の最安値と店頭参考価格もしっかりと伝えること。しかも値段の安い方の(A,Bの製品を比較していてAの方が安いならAの値段を)価格を伝えます。伝えるときはAがいくらで、Bがいくらでということではなくどちらも一緒くらいの値段です的な感じで伝えてください。

 

するとおそらくですがちょっと待ってください、ということでもう一度価格を調べてきてくれると思います。で今日決めてくれるのであればこの価格で・・・・と言うことで値段の提示があると思います。面白いのがAとBの値段が結構違っててもだいたい同じような値段が提示されることです。(各社のグレードが同じような冷蔵庫であればの話ですが)ここで高いほうの製品はもしかするとネットの最安値よりも安くなっている可能性もあります。

 

最後にもうちょっとの価格交渉をする

 

冷蔵庫はいままでの冷蔵庫を引き取ってもらう必要があります。一律で4,830円と決まっている(2013年5月現在、今後料金の変更はあるかもしれません。)ので、この値段を含めていくらくらいになりませんか?と交渉してみるといいと思います。そうすると込みでいくらです、と提示してくれるところはしてくれるので納得できれば購入します。ただ、他店も確認したければこの価格を持って他店にいって比較してもらいましょう。近隣に大手が競合している場合は負けたくない!というライバル意識があるのでさらに何千円くらい価格交渉ができるはずです。

 

 

あくまで経験上での話しですので全てがうまくいくとは限りませんが結構この方法で安く購入できると思いますので、できるだけ安く購入したい!と思っている人は参考にしてください。

 

あと保証の問題もあります。各量販店ごとに同じ10年保証でも保証の内容まちまち。個人的にはヤマダ電気かケース電気がおすすめですが、冷蔵庫購入の時は高額なこともあるのでしっかりと確認をしたほうがいいと思いますよ。

 

 

⇒ポイント1 まずは下調べへ

 

⇒ポイント2 ネットで価格などを調べるへ