冷蔵庫 メーカー 違い

スポンサードリンク

冷蔵庫各メーカーの違いを簡単にまとめてみました

毎日の生活の中で、冷蔵庫は欠かせない存在ですよね。

 

食品を長期保存できる冷蔵庫は現代文明の画期的な発明品と言っても過言ではありません。
ずっと昔は長期保存できないために、例えば肉などはコショウを使うことで保存を保つことを行っていたそうですが、冷蔵庫に比べれば当然無理があります。

 

そんな私たちの生活に欠かせない冷蔵庫。毎日使うものですし、値段も他の家電製品に比べても高価なものなので、納得のいくものを選びたいものですよね。
冷蔵庫も進化を続けていて以前にに比べ便利な機能が増え、デザインも豊富になって、電気代も抑えられるエコタイプのものが主流になりつつあります。

 

扉の開閉方法だけでも、右開きタイプ、左開きタイプ、観音開きタイプ、両開きタイプなど各家庭のレイアウトにあわせて選べるようになりました。
私が子供の頃は片開きのタイプで色も白色のものだけでした。年齢がばれそうですが。

 

先ほども書きましたが省エネやコストパフォーマンスを重視したものが多くなっていて、時代のニーズにマッチしていて、家電店でも必ず電気代の説明がありました。
冷蔵庫の基本的な機能はいろいろありますが、正直各メーカーほとんど差がないといった印象ですね。

 

基本的な機能プラス付加機能の部分で、各メーカーが何に重点を置いているのかが多少ちがうのですが、その多少が個人の好みによって違ってくるようです。

 

 

各メーカーの簡単な付加価値の部分をまとめてみました

三菱

 

冷蔵室の収納スペースに注目しており、食品の大きさに合わせてスライド式で高さを調整できる棚があります。氷の保存庫が完全に独立しているのも特徴の1つです。

 

シャープ

 

冷やし方に特徴があって、約−40℃の冷気とステンレスプレートで食品を一気に冷やしてくれます。あとはデザイン。私は外側はもちろん庫内のデザインもいいです。

 

日立

 

クールパネルで中央から冷やすことができ、冷蔵室を包み込むように冷やすのが特徴。保存方法には真空チルドを取り入れており、野菜や果物、肉、魚、それぞれの食品を適切な温度で保存してくれるのがいいですね。

 

東芝

 

ピコイオン除菌ウイルスハンターという機能を搭載、野菜や果物を劣化させる原因のガスをピコイオンで分解し、食品を長く新鮮に保存することが可能のようです。

 

パナソニック

 

エコナビに重点を置き、冷蔵庫を使用している家族の生活パターンを分析、自動でその家族にあった省エネを行ってくれます。ドアのスライド稼動域(手前に出てくる幅)がいちばん広く物を取り出しやすいのもいいです。

 

家電量販店だとたくさんの冷蔵庫が並んでいますので各メーカーの特徴を確認しながら冷蔵庫を見比べることができますので、下見の際にはできるだけたくさん冷蔵庫のおいてある家電量販店を見に行くことをおすすめします。